あまり為替に影響しない株を考える

参加ランキング
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログへ

ここ最近いい感じに円安になっていたけどまた円高が進んできた。

主にトランプのせいだな、うん。
中国への関税で円高、その懸念が和らいだところにドル高牽制発言からの再び円高。
先週113円乗せたと思ったら一時110円へ急降下。
FXを一時引退しててよかったなと思う。
確実に往復ビンタ食らってたんじゃないかなぁ。

週の最初の月曜から急激な円高で日経平均は-300円
しかし自分が持っている株はほぼ影響なし。
富士PSは12円高、日産自動車は-7円だった。
日産は200株しか持ってないので無視できるレベルだ。

このようにコロコロと変化する為替にあまり影響を受けない株を考えたい。
特に大統領のつぶやき一つで簡単に乱降下するのはどうかと思う。
為替に影響するといえばやはり輸出関連だろう。
日産なんかはもろに自動車関連なので為替に敏感に反応する。
他にも機械関連なども同じだろう。

逆にあまり影響を受けないといったら内需関連だろう。
富士PSは内需(主に土木)関連だ。
実際に今日は上がっているしね。
というわけで内需関連株をもっておけばいいだろうか?
たしかに為替の影響は少ないだろうがその考えも危ないような気がする。

そもそも為替が急激に円高になれば、輸出関連株を空売りすればいい話では?
下がるのが分かってるなら空売りすればいい。
しかしそれは自分の投資スタイルには合わないと思う。
デイトレ出来るほどずっと相場を見ていられるわけじゃない。
なのでこの辺は自分のスタイル次第といったところか。

ということは自分としては内需関連株をメインに考えたほうが良さそうだな。
内需関連で、中長期で業績が安定して成長している会社を見つけたい。
あとこれが高配当だったら最高だ。

なのでこの3つの条件を満たすような株をスクリーニングして見つけたいと思う。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました