仮想通貨を考える-ビットコイン

仮想通貨
参加ランキング
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ にほんブログ村 株ブログへ

最近なにかと話題の仮想通貨を買ってみようと思う。

その中で最も取引量が多く、価格も高いビットコインを考える。
現在での価格はおよそ、1BTC=32万円
取引所では0.01BTCからでも取引できるので3200円くらいあれば購入出来るみたいだ。
今年の1月には1BTC=15万円前後だったのが半年足らずで倍以上になっている。
もっと言えば、2016年1月には5万円前後だった。

今年は仮想通貨元年と言われてるように一気に仮想通貨が話題になった。
正直ビットコインなんてここ最近耳にするようになった程度だった。
ただ、2014年のマウントゴックスのビットコイン消失事件はニュースになってたから見てた。
あの時に初めてビットコインというものを知ったと思う。
当時でおよそ1BTC=5万円くらいだったみたい。

あれから3年くらいで知名度も上がって、かつ実際に店舗で使えるところも増えてきた。
amazonやビックカメラでも使えるようになったみたいだ。
知名度だけでなく利便性も上がってますます需要も上がっているようだ。

そして価格が暴騰した背景には主に中国人が買っているかららしい。
中国人は政府を信用していないようで、富裕層は元ではなくてビットコインなどで海外に送金しているらしい。
そういった背景でさらに需要が高まって暴騰している。
ただ、中国政府も資金流出は避けたいようで、そういった不正送金を禁止する法律を作り一時暴落したりもした。
それでも現在のところ高値で推移している。

ここで自分が思う仮想通貨の懸念。

1.マウントゴックスみたいにハッキングによる資産消失
2.世界規模での仮想通貨に対する法規制

主にこの2点が懸念材料だと思う。

1.については正確にはハッキングではなく内部横領らしいが、それでもハッキングによるデータ喪失=資産喪失というのは十分に起こり得る。
ただ、これについてはPCやスマホなど保管できる場所というのはいくつか存在するみたいだ。
その辺に分散しておけばいいだろう。
少額ならあまりダメージもないだろうが、大金になると怖いので十分に検討する余地はある。

2.については正直個人ではどうしようもない。
実際にランサムウェアでの身代金支払いにビットコインを要求された事件もあった。
ビットコインは国や特定の機関を介していないため、誰がいつ誰にいくら送金したか分からない。
なのでテロリストやマネーロンダリングに使われていることも多いらしい。
そういった危険に国が対応しないというのはあまり考えられない。
そのうち何らかの規制が入ってもおかしくない。
それによって暴落というのも考えられる。

しかしそれらの懸念を差し引いても魅力的ではある。
どうなるか分からない本当の意味での投資ともいえると思う。
なのでビットコインだけでなく仮想通貨を投資対象にしようと思う。
仮想通貨で買ってみようと思ってるのは、ビットコイン以外ではイーサリアムとリップルだ。
次回はこの二つについて考えてみる。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました